留学にチャレンジしなかった理由

 

これはすでに留学している人や留学に行くと心を決めた人には何の価値もない記事かもしれません。

留学前の私のような人に、この記事を読んでほしいです。

私は今、カナダのバンクーバーに4ヶ月間の留学中です。現在はバンクーバーのホームステイ仲介会社でインターンをしています。留学は4ヶ月間だけ?と思う方もいらっしゃると思います。ですが、この留学をするという決断は私にとってはかなり大きいものでした。

留学前の私にとって留学というものは、「刺激的な日々を好むチャレンジャー」と呼ばれるタイプの人たちだけがするものだと思っていました。また、私にとって留学は、「今の生活を犠牲にしてまで挑戦するには勇気のいる」ものだったり、ちょっと興味はあるけど「金銭的に難しい」ものでした。留学前の私のように、同じことを思っている人は多いのではないでしょうか。でも悩んだ結果、現在留学をしている私が伝えたいことは、これらの留学に対する考えの半分は正解で半分は間違っているということ。

 

留学が他人事だった理由

冒頭に書いた「刺激的な日々を好むチャレンジャー」「今の生活を犠牲にしてまで挑戦するには勇気のいる」「金銭的に難しい」。なぜ私がこう思っていたのか、それぞれにちゃんと理由があります。

一つ目に、「刺激的な日々を好むチャレンジャー」だけがするものだと書きましたが、私には単純に怖くて留学に行く自信がありませんでした。海外に一人で行ったこともない上に、日本ですら一人で住んだことすらなく、英語だって話せる自信がない。ただただ海外という響きはかっこいいけど、英語が得意な人や刺激的な日々を求める人が行くものという認識で、自分が実際行くことは想像するだけで怖かったです。だから私にとって留学する人は、全員「チャレンジャー」だったのです。

二つ目に、「今の生活を犠牲にしてまで挑戦するには勇気のいる」と言えるほど私の大学生活はすでに充実していました。私はラクロス部のマネージャーをしており、大学では部活中心の日々を送っています。私の大学生活は実家の和歌山から大阪にある大学に通っていることもあり比較的ハードです。部活の朝練に行くために週5で朝4時台に起きてお弁当を作り、学校に行って朝練をして、授業を受けて、放課後はバイトだってします。大変なこともたくさんあった部活中心の生活を、私なりに他の部員達と一緒に頑張って来ました。だから四年間この環境で部活を頑張り続けたいという感情は私の中で大きかったです。留学に行くという決断の前に今の生活を離れるという決断には大きな勇気が必要だったのです。

最後に、「金銭的に難しい」という考え。ご存知のように留学に行くにはお金が必要です。そして私の家庭には「高校を卒業したら自分のお金で全てやりくりする」という決まりがあります。だから大学の授業料も自分で出しています。先述したようにアルバイトも頑張っていましたが、生活費や交際費、部活への支出に消えていき、留学資金を貯めるなんてことはとてもとても不可能でした。もちろん両親にお願いしたら留学費は出してくれたかもしれませんが、留学したいと思ったのは私なんだから私の力で行きたいというプライドがありました。

 

留学が自分事になった理由

「将来私のやりたいことって、私の得意なことってなんだろう。。。」ふとこのようなことを考えるようになったのです。将来に対する漠然とした不安です。そして、一度立ち止まってもう少し自分自身のことを客観的にみてみたい、部活を通じてたくさんの人に出会ったようにたくさんの人と話をして自分の視野を広げたい、という思いがだんだんと強くなりました。もちろん留学すればそれらが叶うなんて訳はありません。でも一度にたくさんのことをすることが苦手な私にとっては、きっぱり今の生活から一度離れて、自分のことを考えることだけに時間を使うということはとても大切なことのように思われました。部活を四年間やり遂げたいという気持ちが強かったのでかなり悩みました。でも、悩み続けてどちらも中途半端にすることが一番良くないという結論に至り、4ヶ月間部活を休ませてもらってバンクーバーに行くことに決めました。

でも留学資金がない。そんな時に給付型奨学金制度であるトビタテを見つけました。もちろん高校を卒業したらお金は全て自分でやりくりするという我が家の決まりは楽ではありません。でも、そのおかげでトビタテを使って留学に行くチャンスを掴もうという思いは強かったです。トビタテを知った瞬間から、自分でも留学についてや留学内容を掘り下げてくれるようなもの、留学先機関などについて調べるとともに、たくさんの人に私のトビタテの審査の協力をお願いしました。最終的に自分の希望する留学内容「ホームステイのビジネスとしての活用方法を研究する」というテーマで無事合格することができ、奨学金をいただけることになりました。それだけではなく、この選考を通して本当に周りの人に恵まれていることも実感することができました。また、バンクーバーでの受け入れ先を探したりという選考への準備の段階でたくさんの人に会い、トビタテというコミュニティーに入ってたくさんの人に会い、結果私を応援してくれる人に新たにたくさん出会えました。

このように気持ち的にも金銭的にも留学への準備が固まったにも関わらず、ワクワクする気持ちの反面、留学に行くということに対する恐怖心はまだありました。でも、ここまで準備を整えて、周りにたくさん応援してくれている人に囲まれてみると、必然的に私には行くという選択肢しかありませんでした。

 

今私が思うこと

「刺激的な日々を好むチャレンジャー」「今の生活を犠牲にしてまで挑戦するには勇気のいる」「金銭的に難しい」。冒頭でこれらを半分正解で半分間違ってる、と言いました。全部事実だけれど、全部そうとも限らないと感じるからです。

私自身、「刺激的な日々を好むチャレンジャー」というよりは、自分のために今何をすべきか考えた結果、私が留学に行くという選択肢しかない状況???にいたので留学した、と言えます。でもその一方で、結果的に自分に心地の良い環境から飛び出して、留学に行くことをチャレンジしたのだから、ある意味「チャレンジャー」なのでしょう。

そして「今の生活を犠牲にしてまで挑戦するには勇気のいる」についてですが、今の生活を離れて留学をするという決断をする勇気は本当に必要でした。ですがこれについても、犠牲にしたという感覚よりも、一旦離れたという感覚です。だからこそ私は留学を終えて、戻った後の生活は以前よりさらに充実させることができる自信があります。留学した場合としなかった場合で、人生を比較することはできません。そしてこの勇気を後悔しないように留学生活を充実したものにする原動力として活用するかしないかは、留学をする本人次第です。

最後に。「金銭的に難しい」のは事実で、全員が全員、留学費用を手に入れることのできる環境にいるわけはありません。留学にはお金がいるし、実際トビタテを使うことができた私もそれでは足りず今まで貯めていたお金を使っています。でも、留学に行く手段として不可欠である留学資金調達に関する情報を集めようともせずに、ただ今自分の周りにお金がないから留学することを諦めるのは個人的にもったいないなと思います。

私の主観としては、上記の3つ全てある意味正しいです。ですが、「留学してみたい」と少しでも思うのに、これらの考えに縛られてしまうのは少し早すぎるような気がします。また、「私でもできた留学」というより「留学できた私」という風に捉えることができるようになりました。もともと留学に行かなかった理由としてはたらいていたものが、乗り越えてみると自分の自信をつける理由として今は私の中で存在しています。挑戦に不安はつきものなので、不安を味方にできる経験をした私は強くなったと言えるでしょう。

 

最後に

留学に関することを調べた時も、トビタテに入ってからも、留学して人に会っても、部活しかしてこなかった私とは違う視野を持った周りの人たちに初めの頃は、ただただ圧倒されるばかりでした。トビタテ採用前もトビタテについて調べて行くうちに「私にこんな奨学金取るなんて無理、、、場違いかな、、、」と何度も考えました。ですが、色々な人たちと出会って話をしてみると案外同じようなことを考えている人たちにたくさん出会えたり、部活をしていることが強みであると思えたり、仲間になってくれる人がいたりしました。また、現在留学中ですがバンクーバーでも様々なトラブルがあって日本に帰りたくなるようなことも多々あります。ですが、いろんな人や考えに出会えて4ヶ月と比較的期間は短いものの、インターンや実生活を通じて今の私に必要のものを得ることができているように思います。

「4ヶ月なんて留学じゃなくて旅行だよ。意味ないんじゃない?」などと言われることもありますが、人次第、目的次第ではないでしょうか。実際私は大好きな環境を離れることを決意した4ヶ月だからこそ実のあるものにしようと決めて気合が入りました。このトビタテジャーナルのちょっと前の記事で洪さんがまとめられてたように、留学の目的なんて人それぞれだと思います。

結論としては、少しでも留学を考えているなら自分の目的と照らし合わせて是非挑戦してみてはということです!もちろん私は留学が全てだとは本当に思っていません。他のことに大学生活を使うことの大切さも知っています。そして、こんな私だから聞いてあげることのできる話もあるはずです。たくさんの人が私の留学を支えてくれたように、私も留学について悩んでいる人を支えることができたらと思います!

yosemite_low

幼い頃からの夢の一つ『大自然でカヤック』達成☆

この人に留学相談したい方は、Diverseasからどうぞ

ABOUTこの記事をかいた人

トビタテ多様性人材コース6期。大阪市立大学3回生(休学中)、男子ラクロス部のマネージャー。カナダのバンクーバーでホームステイの仲介会社にインターン中。