SIMカードはこれで決まり!【南アフリカ編】

simcard0

南アフリカ共和国に渡航の際はSimフリーのスマートフォンを持っていくことをオススメします。simフリーとはなんぞや?という人。携帯電話には通信にあたって「この携帯電話は電波を使う権利がありますよ〜」と示すための名札のようなものがあります。それがsimで、通常はカード型となってスマートフォンに挿さってます。simがロックされている携帯電話は特定のカードしか利用できないのですが、ロックのされてない(=フリーの)携帯電話は世界中のあらゆる地域でその地域に応じたカードを購入することで、現地での通信が可能になります。携帯電話にロックがかかっているかは自分の携帯のキャリアショップに行って確認できます。

現状、南アフリカで主流のバンド(simカードの通信帯)は1と9なので、日本のバンド1対応のsimフリーフォンであれば利用にあたって特に大きな問題はないかと思います。これについてもショップの方か説明書などで確認しましょう。

南アフリカでは日本のソフトバンク・ドコモ・auのように大きな会社が3つあります。いずれもプリペイド型のsimを扱っています。使う分だけのお金を事前に払い、チャージするシステムです。南アの滞在が半年程度であれば、プリペイド型のsimで事足りるかと思います。~500円くらいでsimカードを購入できます。チャージは購入時やスーパーなどでできます。Suicaをイメージしていただけると分かりやすいかもしれません。

機種についてですが、南アフリカではまだiPhoneが主流ではなく、修理の時にiPhoneショップがない地域もあるかと思います。
現地の人はSAMSUNGのAndroidフォンを使っていることが多いです。iPhoneは現地では高級な携帯電話であり、iPhoneを持参する場合は、目をつけられることが多い可能性があることを留意してください。

そのため、メンテナンスと防犯の観点からもAndroid端末のいずれかを持ち込み機としておすすめします。到着後、ケープタウン国際空港内にて携帯会社があるので、そこでsimカードが入手できます。しかし、登録サーバーのダウンがあったりもするそうです。自分の場合はその影響で1週間近く入手に時間がかかりました。空港内はフリーのWi-Fiが殆どないので、陸の孤島になりかねません。もしインターンなどで、エージェントがいるのなら送迎に関してお願いしておいた方がいいかもしれません。

その他、生活について詳しくはこちらもどうぞ。

それでは、南アフリカで快適なSIMカードライフを!

この人に留学相談したい方は、Diverseasからどうぞ