宮崎・ベルギーを ”食” でつなぐ!プロジェクト ~その1~

もっとグローバル宮崎大学!~食でつなぐ宮崎・リエージュの輪~

こんにちは。私は、宮崎大学農学部所属、トビタテ!2期生で、現在ベルギーのリエージュ大学 に留学しております、高木信乃(たかきしの)と申します。 今回、私と鈴木思鶴さん(同大学同学部トビタテ!5期生)で行った「もっとグローバル宮崎大学! ~食でつなぐ宮崎・リエージュの輪~」についてご紹介させていただきます。
まず、本企画は大きく2つに分けて行われました。

・リエージュ大学での宮崎の紹介(全1回:2016年7月2日開催)
・宮崎大学でのリエージュの紹介(全3回:2016年7月~8月にかけて開催)

 

私の記事では、前半の「リエージュ大学での宮崎紹介」についてご紹介いたします。後半の「宮 崎大学でのリエージュ紹介」につきましては鈴木思鶴さんのこちらの記事をご覧ください。
まず、本企画は、リエージュ大学で毎年3月下旬に開催される「日本週間」にて、私と思鶴さん が「宮崎の食をリエージュの方々に知ってもらいたい!」と考え、宮崎の食に関した動画の上映 会を開催したことがきっかけとなりました。その時に上映した動画はこちらです。

 

この上映会が、現地の学生さんに大変ご好評いただき、「もっと宮崎を知りたい!」「宮崎に 行きたい!」「宮崎のご飯を食べてみたい!」というご感想が多くよせられました。そこで、こ の期待に応えたい!と思い、「リエージュ大学のみなさんに、宮崎の食品を食べていただこう!」 と考え、本企画を開催する運びとなりました。

本企画は4月中旬から内容を組み始め、6月中旬までに、内容、構成員を決め、宮崎大学から 予算をいただけることになりました。6月下旬には、思鶴さんがベルギーに到着し、現地での打 ち合わせ・買い出し・調理・会場準備を行いました。

%e4%bb%95%e8%be%bc%e3%81%bf
写真1
思鶴さんが、前日に宮崎名物の「チキン南蛮」を 調理している時の様子です。

 

 

 

 

現地では、大学関係者の方々(国際交流課の方、会場を貸してくださったセンター長の方など) や、リエージュ在住の日本人の方々にご協力いただき、買い出し、調理、会場設営を行いました。

%e4%bc%9a%e5%a0%b4%e8%a8%ad%e5%96%b6
写真2
会場準備の様子です。

 

 

現地では広報活動にも力を入れました。学内でのポスターの掲示、チラシの配布、学内掲示板(インターネット上)での呼びかけ、Facebookを使用した告知などを行いました。その際、宮 崎大学の学生が描いてくれた素敵なポスターを使用しました。

img019-1

写真3
広報活動に使用したポスター。宮崎大学 で美術を専攻している学生に描いてもら いました。宮崎の良さが美しく表現され ている素敵なポスターです。

 

 

 

 

企画当日は、まず思鶴さんによる宮崎紹介から始まりました(フランス語での説明)。ここで は、宮崎がどんな場所か、なぜこの企画を思い立ったか、当日に用意した料理の紹介などを説明 しました。

%e5%ae%ae%e5%b4%8e%e7%b4%b9%e4%bb%8b
写真4
参加者に対してフランス語で宮崎の説明 を行う思鶴さん

 

 

 

説明の後は、いよいよ実食タイムです。一番人気はやはり宮崎牛でした。最近の日本食ブームの 中でも、「和牛」は特に人気が高く、その和牛が食べられるとあって、宮崎牛のブースには列が絶 えませんでした。

%e5%ae%ae%e5%b4%8e%e7%89%9b7
写真5、6
宮崎牛。個人での輸出は検疫の 関係で難しく、パリで宮崎牛を扱う会社にお願いして、パリで購入させ ていただきました。代表の方が学生の取り組みに理解が深く、定価よりも少し安 値で卸していただいたうえ、保存方法や 美味しい焼き方のレクチャーもしていた だきました。

その他にも、宮崎の郷土料理である、チキン南蛮、冷汁、辛麺、飫肥天、マンゴー(ジャム)、 日向夏(ジャム)を食べていただきました。(写真6~9参照)

%e3%83%81%e3%82%ad%e3%83%b3%e5%8d%97%e8%9b%ae %e9%a3%ab%e8%82%a5%e5%a4%a9 %e8%be%9b%e9%ba%ba %e3%83%9e%e3%83%b3%e3%82%b3%e3%82%99%e3%83%bc%e3%82%b7%e3%82%99%e3%83%a3%e3%83%a0

ほとんど全ての料理が大変好評で、ほとんど完食していただきました。 参加者はスタッフも含め、40人を超え、大変賑やかな会となりました。また、食後にはゲーム 大会(くじをひいて、当たった人には日本からのお土産をプレゼントするもの)や、寄せ書き(リ エージュの学生から宮崎の学生へ)も行いました。
この様子と寄せ書きは後日宮崎で開催された「リエージュ食文化交流会@宮崎」で紹介され、宮崎大学 とリエージュ大学の親睦を深めるものとなりました。その様子は思鶴さんの記事でご覧 ください。

 

また、本企画の特徴は、交流会を交流会だけで終わらせないところにあります。本企画では、 交流会を通じて、日本、特に宮崎に興味を持ったリエージュの学生に対して、宮崎の学生と直に連 絡をとり、交流するツールを紹介しました。現在、このツールは宮崎大学の学生とリエージュ大 学の学生が、自由にお互いの考えや興味、言語を交換できる場として役立っています。

現在、この交流会以降、リエージュ大学からの留学生が1人短期留学をしており、来年の秋に 宮崎大学の学生がリエージュ大学への留学を考えています。

私たちのこの小さな活動から、これからリエージュ- 宮崎、ベルギー-日本、そして世界に興味 を持ち、世界へトビタつ日本人学生、日本へトビこむ留学生が増えることを願います。

%e9%9b%86%e5%90%88%e5%86%99%e7%9c%9f%e5%8a%a0%e5%b7%a5%e6%b8%88
写真10
集合写真。左上に写っている横断幕が、リエージュ大学の学生から宮崎大学の学生に向けられた 寄せ書きです。みなさんとても楽しんでいただいたようで、笑顔で写っています。

 

留学相談したい方は、Diverseasからどうぞ

ABOUTこの記事をかいた人

Shino Takaki

トビタテ!留学JAPAN2期生の高木信乃と申します。 ベルギー(2015/09/01-2017/03/31)、オランダ(2017/04/01/-2017/08/31)へ二年間、畜産関係の伝染病防疫分野で留学しています。 個人的なご連絡等はTwitter(@tkg77vet)で受け付けておりますので、気軽にご連絡ください。