「問題は必ず解決できる」貧乏大学生が、東京とシリコンバレーでの10ヶ月を合計家賃3万円で暮らすまで気づかなかった「お金・真面目・旅行」より大事なこと

東京は、日本一物価が高い街、シリコンバレーはアメリカ一物価が高い街

ぼくは、2015年の8月〜2月まで京都から東京に、2016年の2月〜現在に至るまで東京からシリコンバレーに留学しに来ています。

さて、ここで問題です。ぼくの留学先であるシリコンバレーの平均家賃はいくらでしょうか?

正解は、1500ドル(約16万円)です。

ぼくの家の近くに、最近、日本でお馴染みの庶民向けレストラン「やよい軒」ができました。

さて、ここで問題です。値段はいくらするでしょうか?

正解は、日本の3倍(平均約20ドル)で、おかわり有料です。

もうね、おかしい。物価が高すぎる。アホです。お金がない学生がやっていける場所じゃないです。

でも、結果的に、東京でもシリコンバレーでも、全くの0から始まった後、ぼくは自分の家を見つけ、毎日まともな食事を食べるお金を手に入れることができ、今なんとかなっています。

あなたが試したことがない、マネをしてはいけない3つの節約術

続きはこちらからどうぞ

「問題は必ず解決できる」貧乏大学生が、東京とシリコンバレーでの10ヶ月を合計家賃3万円で暮らすまで気づかなかった「お金・真面目・旅行」より大事なこと

Ko Hidetakaさんのストーリー

この人に留学相談したい方は、Diverseasからどうぞ