イベント告知 @上智大学 3月27日

12809535_773622616106241_5133370492870617262_n

嫌いなものはと聞かれると、社交辞令と謙虚さとグリンピース。と10年以上答え続けてきた。特に、高校の文集には嫌味たっぷりに日米の謙虚さの違いについて書いた。それで改めて、自分は謙虚にはならない、と決めた。

だけど留学したら、謙虚になって帰ってきてしまった。上がいることを知れば、自分が全て知ったつもりになっていることが恥ずかしくなる。困難にぶつかった時、それが自分にだけ振りかかる困難かのように捉えることが恥ずかしくなる。知識も経験もない身なのに、何かすることが恥ずかしくなる。

「留学しようぜ」の会じゃなく、看護脳を、柔軟に、前向きに、多職種みんなで、良い方向に変えていきたい、それで、ナースが社会へ与える影響を、行動力をもって信じていきたい、て思いです。

でも勇気を出して企画しました。みなさん聞きに来てください。

Change your Mindset of Nursing
—「この国のリーダーはナースよ」看護教師が言った。
その衝撃は、忘れられない。

☆お申し込みはこちら☆
http://goo.gl/forms/4nqU9JfhoN

https://www.facebook.com/events/213270655699018/
【概要】
海外に目を向け日本の看護を見つめ直すことや、看護以外の分野に目を向け繋がりを見出だす面白さを共有。他分野で留学をしたゲストの方々もお招きします。多様な世界に触れて、新しい春を迎えましょう!!

【基本情報】
-日時-
2016年3月27日(日)
13:00 – 16:00 (予定)

-場所-
上智大学四ツ谷キャンパス 2号館508号室
四ツ谷駅(JR中央線、東京メトロ丸ノ内線・南北線) 徒歩5分
〒102-8554 東京都千代田区紀尾井町7-1

-参加費用-
無料

【登壇者】
◆池田 裕子
上智大学 総合人間科学部看護学科3年生
留学先:アメリカ The University of Scranton
タイトル:「アメリカで看護留学」「NP(ナースプラクティショナー)の可能性」

◇加藤 里沙子
東京医科歯科大学 医学部保健衛生学科看護学専攻4年生
留学先:イギリス セントクリストファーホスピス、ドロシーハウスホスピス
タイトル:「Voice for the voiceless 声なき人の声になりたい」(在宅緩和ケアについて)

◇小林 諭史
山口大学医学部医学科・富山大学大学院生命融合科学研究部システム
情動科学講座 協力研究員
留学先:アメリカ Harvard School of Public Health. Visiting Scientist.
タイトル「心理学を学んだラガーマンが医学部に編入して自殺問題にタックルしてみた」

◇平井 開汰郎
千葉大学工学研究科建築・都市科学専攻
留学先:ベルギーBelgium Gent KU LEUVEN University
フランス Paris DGT architects
タイトル:「空間とケア -病院で死ぬということ-」(病院建築について)

◇外谷 毅史
一橋大学 社会学研究科
留学先:アメリカ American University of Sovereign Nations
欧州(ベルギー/オランダ/イタリア) Erasmus Mundus Programme
タイトル:「医療倫理(仮)」

◇安谷屋 樹
留学先:アメリカ シリコンバレー Stanford University
タイトル:「Tech × 医療(仮)」

◇大橋 美穂
上智大学 総合人間科学部看護学科3年
2016年3月ハワイNP研修
タイトル:「NP(ナースプラクティショナー)の可能性

留学相談したい方は、Diverseasからどうぞ