就活の現実と疑問

中学生の頃から、

「キャリアウーマンになりそうだよね〜」

と周りからしょっちゅう言われてきた私は、自分でもそうなるんだと思っていた。

小さい頃から、いつも夢だけは無くしたことがなくて、
それなりになりたいものがあって
そのために勉強もいっぱいしたし
大学にも通わせてもらっている。

うちの大学は”女性リーダーになるため”の所謂「キャリア教育」が盛んで、
そういうのは自分に向いていると思って積極的に受講したけど、
自分の適性診断を繰り返しして、
向いている業種を見つけて調べて、
働きやすさとかを気にして、
そんなことばかりしていたら
自分が何をしたいのかよくわからなくなってきてしまった。

続きはこちらからどうぞ→http://blog.livedoor.jp/wtwtw_ya62/archives/1146836.html