「造船の島のアイディアソン」 瀬戸内海の離島に、トビタテ生が集まった3日間。

10月16日から18日にかけての3日間、トビタテ生(トビタテとは?)が集まりました。事務局からもプロジェクトディレクターの船橋さんを含めて、3名のメンバーが来てくださいました。


みんなが集結したのは、瀬戸内の離島です。
スクリーンショット 2015-11-14 17.47.13

広島県の「大崎上島」という島。
離島という文字通り、「大崎上島町」には本土と繋がる橋はありません。

スクリーンショット 2015-11-14 17.47.30

 

 どうして、離島で集まることにしたのか?

トビタテ生は、留学中はアメリカ、ブラジル、タイ、中国… と、世界に散らばり、留学後は北は北海道、南は沖縄までいろいろな地域に帰ります。

“集まる”ときに、その場所が東京や大阪である必要はないんじゃないかな?と思い、離島で集まるのはどうだろうかと思い至りました。

それぞれにバラバラな目的を持って、いろいろな国を見てきた私たちが日本の地域で何か面白いことができないかなという想いもありました。think globally, act locally.ってやつですね ^−^

 

 なぜこの島なのか?

今回みんなに集まってもらった大崎上島町は”匠の島”です。

基幹産業は造船、海運、それから柑橘農 。「生きている軍艦島」と呼ばれる、企業が島一つ所有している工場マニアの中では超有名な契島という島も本町に属しています。

また、この島には、「木造家屋の高さ(おそらく世界一)」から「ブルーベリーに含まれるアントシアニンの量」というマニアックなものまで含めると6つの”日本一”があります。

こうした魅力のある島であり、今まさに島にある高校を中心に魅力化プロジェクトが始動したこと、そしてホストとなる2人のトビタテ生がいるということも理由です。

どうしてその島で”アイディアソン”を開催したのか?

そもそも、「アイデアソン/ Ideathon」とは、IdeaとMarathonを掛け合わせた造語で、ある特定のテーマについて多様性のあるメンバーが集まって、対話や議論を通じて、新たなアイデア創出やアクションプランの構築などを短期間で行うイベントのことです。

日本は課題先進国。

人口減少、進む高齢化、技術の継承問題…..

離島中山間はその日本の中でさらに先進的な課題を抱えています。世界の課題の最先端に行って、将来海外で暮らすことになっても、「あ、その問題だったら、俺取り組んだことあるよ?」と、未来からの留学生になっちゃいましょう!という多少雑かもしれない切り口でトビタテの皆さんにお声掛けしました。

スクリーンショット 2015-11-14 18.12.24

さて、呼びかけをしたのは開催まで一ヶ月を切っておりましたが、約20名の皆さんにお集まり頂きました!

皆さん、島まで遠路遥々、本当にありがとうございました!!

さて、開催経緯についてはこのくらいにしておいて、3日間の様子を報告させてもらいます。

1日目。島の魅力を知る。

1日目は、日本一を6つ巡る一日でした。

朝、東京組は早起きしてもらい、朝 第一便の飛行機で来てもらいました。

第一便の飛行機で来てももしかすると間に合わないかもしれない!?

前日に細かい打ち合わせをしながら、不安になり、東京組に電話をかけて、「飛行機では手荷物だけにしてください!」と預け入れ荷物があると時間に余裕がないことを伝える連絡をしました。東京組の皆さん、ごめんなさい。。

車で空港まで迎えに行き、契り島行きの竹原港に全員時間ギリギリで集まれました。

(当初は前泊者向けに島内案内のツアーを組む予定でしたが、あれもこれもと欲張っていると朝から大忙しのスケジュールになってしまいました笑 お付き合い頂いた皆さんには本当に感謝しています。)

大崎上島町の日本一①
鉛の製錬量

IMG_1459

 朝一番、「もう一つの軍艦島」「生きている軍艦島」と言われる、契島に向かいました。”大人の事情”で内部の撮影は一切禁止でしたが、一般には上陸できないメカな島への上陸にとてもわくわくしていました。

 最初に会社の概要説明をしてもらって、その後は工場見学。鉛や銀を運ぶ機械に見とれたり、高校以来の電気分解の話を聞いたり、製錬所の独特な匂いや場内の突然のスプリンクラー稼働に驚いたり…なかなかできない体験ができました。

 

大崎上島町の日本一②
「多島美」見える島の数
IMG_1465

大崎上島の最高峰、神峰山(453m)に登ると、山頂からは115の島が見えます。当日は晴天。みんなで山に登り、お好み焼きを食べながら景色を楽しみました。

 

日本一③④
「木造家屋の高さ(5階建て)」
「木造家屋3階建ての密集率」お昼ご飯を食べて、少し休憩をした後には、観光協会の方に木江の古い町並みと木造5階建の案内をしていただきました。
町を歩きながら、潮待ち、風待ちの港として栄えたころの話をしてもらいました。
IMG_1468
IMG_1472

 

日本一⑤
「メタノールの貯蓄量」夕方になり、向かったのは木江ターミナル。三菱化学ガスの系列の会社で、主にサウジアラビアからメタノール等を仕入れています。いつもターミナルの前には外国のタンカーが止まっています。IMG_1602所長と一緒に、記念撮影。

日本一を巡る合間、役場の産業観光課の方にお時間を頂戴して、この島の造船の歴史についてお話をして頂きました。
スクリーンショット 2015-11-14 21.25.19

明治時代から現在に至るまで、この島を「造船」という切り口で語って頂きました。

 

日本一⑥
「ブルーベリーのアントシアニン含有量」いよいよ最後の日本一。

大崎上島のブルーベリーには目に良いとされるアントシアニンの含有量が日本一。大崎上島のブルーベリーは、島内外のケーキ屋さんやパン屋さんで多く使われています。

ブルーベリーを食べられるとベストでしたが、時期ではないので、農園を営む農家さんにお話をして頂きました。

夜の懇親会では、島に唯一あるシェアハウスに集まり、1日の感想をシェアしました。

IMG_1473 IMG_1474

 

さて、そんな感じで企画経緯と1日目の内容について書きましたが、なかなか濃い3日間だったので、ここまでで一旦終わりにします。2日目からの内容についてはまた次回に譲ります。

***************************************************
以下、トビタテ生の企画イベントの告知です。
***************************************************

11月28日(土)に明治大学におきまして、トビタテ!留学JAPAN1期生が主催する留学説明会を開催することになりました。

【日時】

11/28 (土) 15:20-17:50

受付開始時間:15:00

【場所】

明治大学駿河台キャンパス

リバティタワー1073教室

http://www.meiji.ac.jp/koho/campus_guide/suruga/access.html

最寄り駅:JR/御茶ノ水駅 地下鉄/神保町駅

【対象】

・留学をしてみようか迷っている、

・留学に興味はあるけれどまだ一歩踏み出せていない

・トビタテ!留学JAPANに興味がある、高校生・大学生・大学院生

・いろいろな分野で活躍する人の話を聞いてみたい

・やりたいことがなくて、もやもやしている

【内容】

・ゲストによる講演

 (青木大和 / 松浦貴昌 / 若新雄純

・トビタテ生による少人数グループ相談会

※参加費はありません。

※終了後、懇親会があります。どうぞご参加ください。

【事前応募フォーム】

https://docs.google.com/forms/d/1nNPI-DRPqXBO-oeB1zyxqyl8agPqpdzyT-2hP_qbXVE/viewform?usp=send_form

【詳細はこちら】

http://www.viewsoncareer.com/

主催:トビタテ!留学JAPAN 日本代表プログラム生有志