トビタテ史上初、ツバルへの渡航。

トビタテ史上初、ツバルへの渡航

―19歳女子大生、ツバルのひぃちゃん記 no.1―

 

名古屋短期大学保育科2年(休学中)
愛知県知多市出身 1995年8月29日生まれ 19歳

もともと海の街生まれ@新舞子海岸

もともと海の街生まれ@新舞子海岸

ツバルって知ってますか?

 

基本情報 外務省調べ
面積:約26㎢(日本の淡路島の役20分の1程度)
人口:1万人弱
政治:立憲君主制
元首:エリザベス二世(英国女王。但し、通常は総督が王権を代行。)
在留邦人数:6名(2013年)

 

「地球温暖化につれて海面が上昇している。ゆくゆくツバルは沈んでしまうかもしれない。」

わたしは、そう小学生のときに聞きました。
たしかに…と思いだした方も多いのでは?

なんとなくだったんです、きっと言った先生も、覚えていたわたしも。

ところが高校生の頃きゅうに思い出し、ネットサーフィンしているときに調べました。
ツバルの環境問題はそれだけが原因ではないようです。
専門に調べているわけではないので、ここでのわたしの説明は控えます。

参考:

  • http://monden.daa.jp/01tuvalu/guest03a.html

 

ブログから感じた、ツバルのキラキラに魅せられて

そのとき、同時に素敵なブログに出会いました。

ナツ―もんでん奈津代―子連れの南の島暮らし
天国に一番近い島 ツバルにて―

左:ブログのナツさん 中:娘の夢さん 右:本人

左:ブログのナツさん
中:娘の夢さん
右:本人

ブログより

ブログより

  • http://monden.daa.jp/tuvalu.html#05nihon-ni-modotte

ここでは沈みそうでかわいそうな国、なんて印象をまったく受けませんでした。
むしろどの話もおもしろくて虜になってしまったのです。

特にどうしてもわからない疑問が浮かび、直接聞きたくて仕方なくなってしまいました。
ブログに連絡先は記されていません…

そこで考えたひぃちゃん。

トークショーをされるというカフェに、日時を把握し、それに合わせて突撃電話をしました。
この非常識な若僧に、やさしく対応してくださった店員さんに感謝が尽きません。

そうして巡り会うことができたナツさんの多大なるサポートの元、わたしはあした8月23日、ツバルに渡ることになりました。
来る20歳の誕生日を翌週に、未成年の今のまま、感性豊かにツバルを感じてきたいと思います。

社会を知らないからこそ、多くの方に迷惑をかけながら
それでも多くの方からの応援をいただいて
このチャンスをいただきました。

出国前日の正直、不安でいっぱいです。
本当に日本に情報の少ない国、ツバル。
現地に今、日本人がいるかどうかすらわからない。

しかし今回の渡航のちいさなきっかけは、あくまでわたし自身の破天荒な仕業からで、勇気を振り絞った経緯がありました。
巡り会いのなかで出会ったご縁を大事にしつつ、
何事も臆することなく挑戦していきたい

そう改めて心に決め、キラキラを吸収しに行ってきます。

ツバルのワクワクと多くの幸せが、読んでくださるみなさまにすこしでも届きますように。

この人に、留学相談したい方は、Diverseasからどうぞ

1 個のコメント

  • 佐竹公平さんとFacebook友達で、ひとみさんがツバルに行かれたことを知りました。4年前に日本のお金で海水淡水化装置を設置するというプロジェクトの提案にツバルに行ったので、面識もないのに勝手にメッセージを送らせていただいています。
    火曜日の朝のフライトで着いて、木曜日の午後のフライトでフィジーに戻ったので、短期滞在でしたが、大臣にも会いましたし、小さな島ですから1時間足らずで端から端まで行けたので、かなりの事を知れたと思います。(自動車の修理もしましたよ)
    小林先生のブログを読まれているので、大体の事はご存知かと思いますが、読むと見るでは大違いです。
    なにしろ、一番高いところで海抜6メートル(サッカー場の向こうに見える太陽光発電パネルの後あたり)ですから、東北地方大地震の際は、津波を恐れて唯一の3階建の政府庁舎に島の住民が押しかけたそうです。
    大量の写真がありますから、行く前に知り合っていればいろいろ伝えれたのにと残念です。
    一つだけご注意です。フナフティ島はサンゴ礁ですから、内海と外海がありますが、内海はかなり大腸菌が多くてきたないです。
    外海で泳ぐことは自殺行為ですから、泳ぐなら内海ですが、水は飲まないように注意してください。(現地の子は平気で泳いでいますが)
    理由はオーストラリアの援助で、多くの家に水洗便所があるのですが、その浄化槽に底が無いのです。浄化槽の下の端は海面より低く、潮の満ち引きで中の排せつ物がサンゴの砂で出来た島の内海に染み出すのです。
    のっけから尾籠な話ですが、満足な病院などない島ですから、フィジーで抗生物質などを買ってから行かれることをお勧めします。
    たった1件のホテルから観る夕日はめちゃくちゃきれいです。
    4年前に工事中だった、ラジオ局とプロバイダーが完成してればネット環境は改善されているかもしれませんが、基本遅いと思っていてください。
    必要なら、知ってる限りの情報を送りますよ。
    では、ボンボヤージ。

  • ABOUTこの記事をかいた人

    トビタテ3期生多様性人材コース。名古屋短期大学保育科2年。(休学二年目)留学先はツバル、デンマーク「育児の社会化」「保育士の働き方を再定義する」を目標とした留学計画。昨年約5ヶ月のツバル生活の中で書いた「トビタテ史上初、ツバルへの渡航ー19歳女子大生、ひぃちゃんのツバル記ー」もよろしければどうぞ。1995年生まれ、愛知県ツバルで9キロ太ったけど徐々に減量中。わたしに、留学相談したい方は、留学codeからどうぞ。http://www.ryugaku-code.com/mentors/103