学校の授業で途上国について調べた際、私が知ってるいる”キラキラした海外”とのギャップにショックを受け、それから国際協力に貢献したいと考えるように

411-1024x683

4111.基本情報

名前:山崎真由

年齢:16歳

留学先と期間:ガーナ 2015/7/26~2015/8/9

学校と学年:都立小石川中等教育学校5年(高2)

学校では、バスケ部と保健委員会に所属して頑張っています!

2.志望動機

ツアーコンダクターだった母の影響で、小さなころから海外に憧れていました。そして、中学三年生の夏に学校行事でオーストラリアに二週間ホームステイし、日本の外に出て世界を見ることの楽しさを身をもって知りました。しかし、その後学校の授業で途上国について調べた際、私が知ってるいる”キラキラした海外”とのギャップにショックを受け、それから国際協力に貢献したいと考えるようになりました。それ以来、国連の主張コンクールやブルキナファソ大使館への一日派遣などに参加し、自分なりに経験を積み、考えを深めてきました。

今回の留学は、そういった日本での学びだけではなく、実際に自分の目で途上国の現状を見て、将来に活かしたいと考えての応募です。進路について考えるこの時期、これからどういったことを学べば自分は役に立つ人間になれるのか、そして、自分が進む道はこれで正しいのか、そういったことを、今確かめたいのです!

3.留学計画

留学内容:世界中から集まった高校生と協力しながらボランティアを行います。孤児院を訪れて子供たちと交流をしたり、地域の建物の修繕活動をしたりする予定です。観光の時間もあるそうなので、アフリカというなかなか行く機会のない土地を、めいっぱい楽しんできたいです!また、これから海外ボランティアに挑戦したい方のための情報なのですが、今回利用した機関はProjects Abroad(プロジェクトアブロード)という会社です。夏に高校生スペシャルというプログラムがあり、様々な国から高校生が集まり、多種多様なボランティアプログラムに参加します。トビタテの高校生国際国際ボランティア部門では、他にも多くの人が利用しています。気になった方は調べてみてくださいね。

留学目標:留学目標は、大きく3つあります

①自分の目で途上国の現状をしっかり見てくること。今はただ、途上国の発展、特に子供の教育や女性の社会進出に興味がありますが、具体的にどのようなことを勉強すればいいのかわかりません。そこで、しっかり現状を見てきて、これからどのような能力を自分が身に着けていくべきか知りたいです。また、ただ「国際関係のことがしたい」と漠然と思っているだけではなくて、自分はどんな人たちのために行動したいのかを、しっかり身をもって確かめたいのです。

②英語力、コミュニケーション能力アップ。私は英語は大好きですが、まだまだ力が足りないし、特に話すことはとても苦手です。今回の留学では、現地の人たちだけではなく、同じように海外から来た高校生と出会うことができます。中三の時のオーストラリアのホームステイでは、思ったように言葉が出てこなくてYesとOkでほぼ完結してしまった経験があり、ある種のトラウマです… 今回はそのリベンジの意味でも、高2になった自分の今の力を試す意味でも、多くの人に積極的に話しかけてひとつ成長してきたいです!

③切磋琢磨できる友達を作ること。これはトビタツ前から、事前研修などで多くの人と知り合い、早くも実現し始めています。もちろん学校での友達はものすごく大事だし、日々刺激を与え合って生活しています。しかしこのトビタテの魅力は、世界で活躍したいという、同じ志を持つたくさんの仲間と出会えること。意見交換しながら、お互いの考えや経験を語り合いながら、大きく成長できる仲間を作りたいです!

 

今回の留学は、約二週間という短い期間です。そして私はただの高校生であり、技術者や医者ではありません。現地ですっごく役に立つことをしてくる!のは、残念ながらできないでしょう。そんな中で私にできることは、この2週間で最大限に学び、成長し、将来へのステップとすること。そして将来技術と知識を身に着けた大人になって、またガーナに帰ってくることです!

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました☆

留学相談したい方は、Diverseasからどうぞ

(twitterトビタテ用アカウントです → @mb1234y)