「育児の社会化」のあるべき姿を明らかにして、これからの日本の保育・子育て支援,子どもの幸福度の上昇に貢献する!

IMG_2925

基本情報

内藤瞳

トビタテ3期生 多様性人材コース

留学先:ツバル/デンマーク

受け入れ機関:南太平洋大学ツバルキャンパス/ノーフュンスホイスコーレ

所属:名古屋短期大学保育科2年(休学中)

海外経験:オーストラリア短期留学(語学・現地の保育園実習)約2週間
ベトナム(ストリートチルドレンとの交流企画・観光)約1週間

性格:猪突猛進(いのしし年生まれだから仕方ない)

愛知県生まれ愛知県育ち、県立松蔭高校出身

大学の提携校でも交換留学でもありません。
ただただ、行きたくなって留学を決めました。

留学計画

2015.9-.12 南太平洋大学ツバルキャンパスにて英語の授業を履修
同時に現地の幼稚園等学校機関、家庭、地域にて参与観察(-2016.1)
2016.4-.6 ノーフュンスホイスコーレにて福祉コースの授業を履修
デンマークの子育て家庭のための福祉制度を学ぶ
2016.6-.9 在学中に見つけた適当な保育所にてインターン予定

留学の目的(原文より抜粋)

私の留学目的はツバル*とデンマークの子育てを体験的に学ぶことで、「育児の社会化」のあるべき姿を明らかにして、これからの日本の保育・子育て支援ひいては子どもの幸福度の上昇に貢献することである。「育児の社会化」とは親と保育者の役割を社会で分担し、社会全体で子育てに積極的に取り組む過程を指す。
現代の日本社会においては子育て支援の必要性が叫ばれ、0歳から5歳の子どもを安心・安全に預けるサービスの普及に取り組んでいる。しかし、大切なのは子どもが幸福に暮らすことができる日本社会の実現である。そのためには「育児の社会化」による子育て支援が有効であり、子育てを社会全体で行うしくみをつくることが必要だと考える。
そこで私はいわゆる「育児の社会化」がなされ、なおかつ子どもの幸福度が高い二つの国、ツバルとデンマークに注目した。
ツバルでは血族関係にある親子のみを親子と捉えるのではなく、誰の子だろうが村の子どもは村みんなで育てるという拡大家族のような意識が普及していることを一冊の本から学んだ。ツバル語体系自体がそのことを示しているとも考えられており、言語も含めて、その深く根付いた文化継承の根底にあるものを、現地でのホームステイ・子育ての場への参加体験、家庭の訪問を通して探りたい。
それに対して親子共働き家庭の多いデンマークは、日本と似た構造を持ちながら2013年ユニセフ発表の「子どもの幸福度調査」で上位ランクインを果たしている。なぜかを調べてみると、19世紀にデンマークの民衆から起こった「フォルケホイスコーレ運動」がデンマークの教育に深く影響しているようだ。「人間同士の生きた対話による相互の人格形成」をコンセプトにしているこの成人教育機関はジュニア版・シニア版も存在し、国民の多くが関連の教育機関に通っている。実際にフォルケホイスコーレへ留学をしてその理念の実践法やノウハウを学び、現場で日本社会に活かすための可能性を探りたい。人々が幸福に暮らし、子育ての社会化を全く異なる方法で実現している二つの国のありかたを、書籍からだけではなく、体験的・実践的に学ぶことで、今後の日本における保育、子ども・子育て支援、ひいては子どもの幸福度の高い理想の社会実現に貢献したい。

*ツバルは広く「地球温暖化の被害国」のように認識されているようだが、実態はいかに-
参考:http://monden.daa.jp/01tuvalu/02prefix2.html

IMG_2925

突き動かすもの-内藤瞳というコドモ

未来を担う子どもたちの問題は学生、社会人、子どもがいるかいないかに関わらず、多くの人に真摯に向き合ってもらいたい!

大人、老人、子供
枠組みなんて超えた、ごちゃまぜで温かなコミュニティーにほんをみんなで作っていきましょう

証明しました

「応募資格:すべての意欲ある学生が対象」
―本当でした。
わたしは地方の、偏差値もあまりいいとは言えない普通の女子短大生であり、応募当時は就活なんかもまったく経験のない1年生でしたが、トビタテは拾ってくれました。
トビタテ生の中で底辺だと思います。

誰にでも可能性はあります。

お気軽にご相談ください^^

この人に、留学相談したい方は、留学codeからどうぞ

ABOUTこの記事をかいた人

瞳内藤

トビタテ3期生多様性人材コース。名古屋短期大学保育科2年。(休学二年目)留学先はツバル、デンマーク「育児の社会化」「保育士の働き方を再定義する」を目標とした留学計画。昨年約5ヶ月のツバル生活の中で書いた「トビタテ史上初、ツバルへの渡航ー19歳女子大生、ひぃちゃんのツバル記ー」もよろしければどうぞ。1995年生まれ、愛知県ツバルで9キロ太ったけど徐々に減量中。わたしに、留学相談したい方は、留学codeからどうぞ。http://www.ryugaku-code.com/mentors/103