ラオスからのトビタテ便り了〜先生でも生徒でもない視点から見る教室〜

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

プロジェクトを共にした1年生とファさんたちと

ホホウ! 本日の更新はラオスからのトビタテ便り了〜先生でも生徒でもない視点から見る教室〜です。連載終了の本記事では、涙無しでは読み終われない感動ストーリーが! 必読です。

トビタテ便りとは

トビタテ便りの詳細についてはこちらのページをご確認ください。世界中に留学しているトビタテ生から、週に1度1ヶ月の短期集中連載を行ってもらっています。ルールは2つ。「留学先の写真を載せてもらうこと」と「普通の友達には話せないような濃ゆい専門の話を思う存分ぶちまけてもらうこと」です。

7月のトビタテ便りも3人のトビタテ生に描いてもらっています。本日の便りは、ラオスでe-Educationを広めている高木一樹くん! 誰もが教育を受けられる世界を目指す彼の奮闘を応援!

これまでの連載記事   

本文

※連載について

私の専攻は教育ではありません。教育学をもとにした学術的な文章を書くことはできませんが、生徒でも先生でもない位置からずっと教育現場に張り付き、実施活動を行って見てきたありのままをお伝えしていきます!

ラオスからのトビタテ便り「生徒でも先生でもない視点から見る教室」

1483018_186126081588515_1436234657_n

こんにちは!
トビタテ一期生・e-Educationラオス担当の高木一樹です。
自己紹介・留学内容・目的などはこちら
前回の連載記事はこちら

 

■目次

  1. 新たな一歩と継続を求めて
  2. 教育地区局の教育会議での発表
  3. どのように心を掴むか
  4. ラオスの青い空へ九九の歌を響かせる!
  5. あったかいおまけ話

■前回の振り返り

小学1年生が九九の歌とダンスを活用して、15日間で満点近くまで平均点を上げてしまうという誰もが予想しなかった結末を経て、「ありがとう」までが前回の記事でした。

今回はその後の展開をお話しします。

1.新たな一歩と継続を求めて

まず九九の歌の効果のまとめを最後に前回の記事を終えましたが、もう一度振り返ります。

  • 15日間という短い期間で効果が出る
  • 持続して記憶の維持ができる
  • 短期間での点数向上から能動的な学習が期待できる
026 (2)

テスト結果を友だち同士で見せ合う様子

この3つの効果を期待できるこの九九の歌の活動を、今後の動きとしてどうしていくかという話し合いを行いました。

その結果、継続して一緒に掛け算九九の歌15日間プロジェクトを実施していた公立小学校・ファさんの小学校の2校では引き続き夏休み明けからも継続してこの活動行っていくということになりました。

さらにもうひとつ新たな目標として、地方・農村部で教鞭を持つ先生方などの誰もが九九の歌を活用して短期間で効果が出せるような「ガイドビデオ」を作ろうということになりました。

そもそもの私の留学計画は、映像授業によって「いつでも・どこでも・何度でも」地域・環境などの垣根を越えて、質の高い教育を受けられるようにすること。

そして、その後誰かのプラスの変化を起こすきっかけを生むことが今回のトビタテ留学JAPAN一期生として応募を決意した私の大きな達成すべき目標でした。

スクリーンショット (57)

PowerPointに使用していた

実は以前、小学生向けの映像授業をファさんの学校に来たばかりの頃に作成していました。
しかしその時は、小学生の心をしっかりと掴むような映像教材を作ることはできなかったのです。その主な原因に以下の3つのことが考えられます。

  1. 12分以上は長いと感じてしまう
  2. 内容にめりはりを出せなかった
  3. プロジェクター等のある小学校が少ない
IMG_0429

2時間待ったPowerPointからの動画書き出し、最後にエラーで書き出しできず

今回の映像授業は以前とは異なります。「九九の歌を活用して短期間でいかに効果を出すか」という「先生対象の教授法紹介ビデオ」です。
今回の映像授業は上述の3つの原因を乗り越えられる可能性が十分にありました。

  1. 内容があれば12分以上でも見てもらえる
  2. 誰も試したことのない実例をもとにした教授法
  3. 機材のある場所で勉強会というかたちも取れる

前回の失敗を踏まえたうえでの今回のガイドビデオは、有効活用してもらいやすいものとなるのではないかと微かな自信と希望を感じました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

以前の映像授業作りの時に使用したホワイトボードと記念撮影

たったひとつの小さな学習「掛け算九九」ですが、15日間の九九の歌プロジェクトの実施現場では、最終的に大きな達成感と喜びで溢れ、小学1年生であるにもかかわらず点数の大きな飛躍を生みました。

さらに15日後の先生による意識的な管理やテストの実施を1か月間中止して、生徒の記憶は歌によって保たれるか・向上するか・降下するかを調査するための実証試験では「向上する」という結果も確認できています。

それと同じような体験を、ラオスの他の学校でも感じることができるようにするためにガイドビデオを完成させようという動きが、私たちのプロジェクト後の会話の中で自然と強まっていき、新たなる目指すべき目標としての意識が芽生え、動き始めることとなりました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ラオスで有名な「タートルアン」という場所

2.教育地区局の教育会議での発表

「九九の歌ガイドビデオ」を作成している時期に、教育地区所長の方とファさんがコンタクトを取り、ミーティング後の時間を使って発表できる機会をいただきました。

ガイドビデオのプレゼン版をその発表の機会で行うことに決めました。プレゼン版というのは、将来ガイドビデオとなる基礎をPowerPointスライドで予め作成し、当日の発表日は将来それが映像となるようなイメージを持ってプレゼンテーションを行おうというものです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ラオス田舎の風景

振り返ってみると、初め目標に掲げていた「現地人の現地人のための現地人による教育機会の創出」は、ファさんの学校と協力して実施していた公立小学校で起きました。

そこからさらに、この発表機会をいただいたことによって、これからそれがまた再び起ころうとしていることにワクワクしました。

実は、ここで一度さかのぼって前の話をします。15日間プロジェクトを行う以前に、かけ算九九の歌が出来上がった時点で、一度教育ミーティングで告知をさせてもらう機会がありました。
そのため今回は2回目の発表の場でした。

教育地区のミーティングで掛け算九九の歌の活動を発表する場を所長さんからいただいた

教育地区のミーティングで掛け算九九の歌の活動を発表する場を所長さんからいただいた

さて話は戻りますが、ここでちょっとした問題が起きました。ミーティング後の発表は強制参加ではなかったため、午後から仕事がある人も多く、続々と参加者が帰ってしまったのです。

結局残った参加者のほとんどが私立小学校の先生方でした。帰ってしまった先生方全員に残ってほしかったというのが本音です。

なぜなら私はその場でどうしても伝えたかったことがありました。それは新しい九九の歌を用いた教授法の紹介よりも、もっと単純なことです。

すぐ近所の小学校で、教師、YAMAHAのスタッフそして児童が一丸となって、外国人の力を借りずとも今までなかったものを自分たちの手で生み出し、結果まで出してしまう程「頑張った」というのを、ただ知ってもらいたかったのです。

頑張る人が好きです。本当に応援したくなります。その頑張る姿を近くで見守ってきただけに、私は無理であるということを承知で帰っていく先生を追いかけて「5分だけでもお願いします」と伝えました。

しかし、やはり既に予定がある先生たちを引き留めることはできませんでした。
残った人たちだけでも知ってもらえたらという気持ちで、ファさんの発表を見守りました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ファさんの気持ちのこもったプレゼンテーション

熱のこもった発表を終えて、私立の学校の先生から「私の学校でも実施させてくれないか」ということでお話をいただきました。

最終的にその学校では、九九の歌のダンスをアレンジするなど工夫を加えるなどして活用していただきました。

ファさんの発表で何度も念を押していた通り、しっかり先生たちから児童へのケアも行き届いており、見学へ向かわせてもらうたびに頼もしい様子をみることができました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ガイドビデオ視聴

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

一週間後に訪問した際の様子

3.どのように心を掴むか

帰ってしまった先生方も、心奪われてしまうような何らかの道具があれば引き留められたかもしれない・・・。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ふとラオスのカレンダーが視界に入り、私の心が奪われそうに・・・

そんな反省から広報用の動画をつくらないかということで、生徒たちとCMのような動画の作成に挑戦し始めました。

映像へ出演する生徒は、実際にかけ算九九の歌15日間のプロジェクトを経験していた小学1年生が出演することになりました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ファさんと小学1年生たち

さらに、動画の前半部では実際に15日間の中に撮影していた実施風景を使用しようということで動画作り開始です!

なぜ動画にしようとしたのか・・・。それにはいくつかの理由があります。

  • 小学生の親はFacebookを利用者が多いという噂
  • YouTube/Facebookへ動画を載せることができる
  • CMは短時間でいいものであるという認識を作れる
  • 農村部・地方でもFacebookをやっている人はいる

などです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ファさんと小学1年生たち

さらにラオスは生活をする中で家族や親戚、さらには友達とも繋がりが非常に濃いので、誰かしらが「おもしろそうだ」「いいものだ」「うちの子ども/弟/妹に使わせたい」etc…

そう思ってもらえれば、シェアしてくれる可能性が高まる。と、ラオス人の友だちからアドバイスをいただきました。

そんなこんなで出来上がったのが、前回の記事の下部に掲載した2種類の1分間の動画です。まだFacebookへのシェアなどは急ぎではないということで行っていませんが、紹介するときに1分間見てもらうなど有効に活用しています。

4.ラオスの青い空へ九九の歌を響かせる!

それから日が経ち、掛け算九九の歌を教育地区局主催イベントでファさんの学校の幼稚園生が披露してくれるなど、サプライズのような出来事がありました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

教育地区主催イベントでの幼稚園生による「九九の歌とダンス」

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

後ろからも撮影

さらについ最近のことですが、ラオスに来たばかりの頃にラオスを走り回っていた際に地方南部でお会いした「協力隊の苅谷仁美さん」から連絡が入りました。

かけ算九九の歌を南部パークセーという地域の「教員養成学校(師範学校)」にて、教授法の授業で担当の先生と一緒に紹介して下さるということでした。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ガイドビデオを利用

非常に嬉しかったです。
以前活動を断念した教員養成学校へ、また別のかたちでもう一度関われるとは思っていませんでした。

人と人との「繋がり」について第一回目の記事でも少し書きましたが

人との繋がりの先に何があるのか、誰も予測することはできません。
しかしそこから何かが生まれていく可能性は、その人の数だけ無限大にある

ということを強く実感した瞬間でした。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

教授法の授業を担当している先生

7~8月の期間に研修へ参加しに教員養成校に来ている「現職の小学校教員」に向けて、ガイドビデオを使用しながら九九の歌とその使用方法などを3日間で4つのクラスに紹介していただきました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

中央で話しているのが協力隊の苅谷仁美さん

授業後には自主的に休み時間などに九九の歌を流してくれる生徒(現職小学校教員の方)の様子なども見ることができて、嬉しかったです。

CIMG4504 (2)

現職小学校教員の方々が授業で九九の歌とダンスの練習をしている風景

さて、これからの動き方ですが、私は残り約1か月半で帰国しなければなりません。それまでには、まず、ビデオガイドの質の向上・改善をより徹底して行います。

さらにファさんの思いと夢が実現するように、ファさんが移動できる地域内の教員養成校でも、パークセー教員養成校の教授法の先生と苅谷仁美さんに実施してしていただいたよな授業ができるように少しずつ着実に動けたらと考えています。

いつかそのように毎年7月から8月にかけて行われる現職教員向けの研修にて、「かけ算九九の歌の先生」としてファさんがその生徒たちに対して九九の歌と使い方を「直接」教示している・・・。

そんな様子を思い浮かべるだけで、とてもワクワクしませんか?

P.S.

公開前数時間前に、新たな一歩がファさんの大きな一歩から生まれましたのでここに追記して報告します!

IMG_3010 (2)

ファさんが研修生として通う教員養成校の学長との打ち合わせ

ファさんは現在、九九の歌と使い方の授業を実施したパークセー教員養成校の生徒たちと同じように研修生として学校に通っています。

今日、ファさんが教員養成校の学長と九九の歌の活動についてお話をしたところ興味を持っていただけたということで連絡が電話に入り、急遽向かうことになりました。

その結果、現職教員研修1年生に向けて授業を実施しましょうということで、共同で準備を行い実施に向けて動き出すことになりました。

教鞭を持つのは、もちろんガイドビデオ出演教師本人である「ファさん」です。非常に楽しみです!

5.あったかいおまけ話

ある日私が熱を出して寝込んでなかなか学校に行けなかった頃のお話です。このお話は15日プロジェクトを終えた後の時期にあった出来事です。

忘れられない出来事でした。

熱で寝込んで3日目、部屋のドアをノックする音が聞こえてきました。ドアを開けると・・・。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

サバイディ~ アーイ カズキ サン(こんいちは、カズキお兄さん)

突然のサプライズに驚き感動しながらも、この瞬間をずっと忘れたくないという思いから、「もう一度やって!」とお願いしました。笑

早速ドアを閉めて気持ちを落ち着かせて、再びドアが開く次の瞬間までカメラをしっかりと構え、写真を撮りました。

さらに、なんと今度はかけ算九九の歌を歌ってくれました。・・・と、最初は思ったのですが、よく聞いたら歌詞が違いました。

「ピザを食べて元気になりなさい」というワードが歌に乗せて聞こえてきました。病人にピザという選択も忘れられないポイントです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

お薬と水も用意してくれました

ファさんと生徒たちがたくさん笑顔をくれて、うどんお兄さん(※前記事参照)も元気が出てきました。

元気が出てきたので、いつものごとくファさんへジョークを言ってみました。するともちろん当然のようにビンタが飛んできます・・・!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

攻撃をかわす私

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

笑顔と九九の歌の替え歌ありがとう!!

思いがけないサプライズでした。本当にラオスに来れてよかった。これまでの色々を思い出しながらも大きな感謝をした日でした。

私は笑顔を見るため、そして人の温かさを感じるためにここへ来たのではないかと思ってしまう程に、心が満たされました。きっとそれも間違いでないと思います。

私は年齢も国籍も関係なくこうして頑張った「仲間たち」と一緒に大きな笑顔で笑うために来たのではないか、そう感じました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

薬よりも笑顔の方が風邪には効きますね

さて、私の連載はここで終了となりますが活動期間はまだ約1か月半ほど残っています。今後とも応援よろしくお願いします!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ポップ カン マイ ドゥー(また会いましょう)!

ありがとうございました。
またどこかでお会いしましょう。では!

この人に、留学相談したい方は、Diverseasからどうぞ