女性の視点を入れた日本の航空業界の国際化のため先陣を切る!

IMG_0041-1024x768

IMG_0041
ホホウ! 本日の更新は伊東瑠香さん(高校生アカデミック/オーストラリア)の日本代表選手紹介記事です。航空会社の国際化、並びに女性がもっと活躍しやすい航空会社を目指し、彼女はアデレードで学んできます。高校生の活躍を要チェック!

1基本情報

氏名:伊東瑠香 (いとう るか)女

留学先:オーストラリア アデレード Hamilton Secondary College

期間:2015年7月17日〜9月27日 (73日間)

都道府県:大分県

学校名:岩田高等学校 APU立命館大学く接続コース

飛行機が好きです^^♪

 

2留学計画

留学タイトル:女性の視点を入れた日本の航空業界の国際化のため先陣を切る!

学修、実践活動の内容

「高校の授業を受ける」…現地の高校生と一緒に数学や理科などの授業を受ける。またAirline TicketsやCustomer Serviceなどのhospitality classを専攻して受講する。

「フィールドリサーチ」…アデレードなどを観光し、自身のプレゼンテーションタイトル「アデレードのおもてなし~日本との比較~」のためのフィールドリサーチをし、アデレードのおもてなしとは何かを探求する。(写真を撮り画像を集めたり、店に入ったりする)

「ボランティア活動」…チャイルドケアなどの学生以外の様々な年齢の人と接するボランティア活動を行う。

「プレゼンテーション完成&発表」…現地で自身のプレゼンテーション「アデレードのおもてなし~日本との比較~」を完成させ現地の高校で発表する。そして、帰国後も日本の高校でさらに内容を深め、2017年2月の卒業論文としてプレゼンテーションで発表する。

留学理由(書類の一部抜粋)

多文化とは、国際化とは何か。それがオーストラリアでわかると考えました。だから私は、多民族・多文化の国であるオーストラリアへ行き、どのようにして民族同士が互いの文化をわかりあい、助け合い、共存しているか。それを実際に見て体験し、多文化・国際化について、もっと考えを深めたいです。また、オーストラリアの企業や店は、どのようにして多文化における要望に対処しているかを知り、日本が国際化する中で、どのような対応をすべきかを学べると考えました。そして、女性が社会で輝いている国オーストラリアで、女性の活躍を見たいと思ったからです。

私の夢は、「日本の航空会社がもっと国際化していくこと」です。なぜなら、もっと国際化しなければ時代に乗り遅れてしまうからです。だから私は、国際化に対応した人材の活用を考えています。例えば、「男性の客室乗務員をもっと雇う」「特定の路線に特化した人材の育成」「もっと外国人を雇う」などを行い、これらを実現したいと考えます。そして、もっと女性を活用し、女性のニーズに応え、女性がもっと活躍できる航空会社にしたいと思います。国際化によって海外からの観光客数を増やし、また日本の航空会社を使ってもらうことによって、経済の活性化へ繋がります。さらに、私が「女性が輝くことができる社会」にするために先陣を切ります!

 

 

高校生の運営として頑張りたいと思っています。

よろしくお願いします。

Twitter:@pink_air04

Facebook:伊東 瑠香

留学相談したい方は、留学codeからどうぞ