大学に集まる優秀な留学生・カナダ人学生との交流を通して各国の留学支援の実態を知りたい

00e13544a5da5da204c4330e59e765cb-246x300

写真10
ホホウ! 本日の更新は石川小百合さん(世界トップレベル大学等コース/カナダ)の日本代表選手紹介記事です! 留学支援を将来的な夢としている石川さん自身がトビタテ奨学金を受け取り世界へ羽ばたきます! 一体どんな留学計画?

1.基本情報

◎留学先:トロント大学(交換留学)、現地のインターンシップ専門学校、NPO機関
◎留学期間:2015年9月〜2016年7月(予定)
◎所属:大阪大学外国語学部外国語学科英語専攻3年
◎性格:なんだかんだ言ってもポジティブ
◎趣味:旅行
◎留学経験:アメリカ(短期)
◎キーワード:社会言語学・留学支援・appreciation
◎コンタクト先:留学支援に関心を持っているので、どんどんメッセージください~!!<https://www.facebook.com/sayuri.ishikawa.5205>

以下は申請書をほぼそのまま載せています!

2.留学計画概要

まず、大学の交換留学制度を利用して交換留学生としてトロント大学に留学する。私は、社会言語学・各国の社会・文化、国際関係に興味があるので、そうした分野を中心に幅広く授業を受講する計画を立てている。というのも将来留学支援に従事する際、留学先になることが多いであろう国々の文化や社会、そして国際関係を自らがまず直接的な経験をもってして知る必要があると考えたからである。そして授業、又課外活動に参加し、他の留学生やカナダ人学生と交流する中で各国の留学制度について理解を深める。その上でインターン専門学校のインターンシッププログラムに参加する。このプログラムは実践的なプログラムで、前半はインターンシップにむけて必要な知識を身につける。そしてプログラム後半は実際にカナダ人を海外へインターンシップに出すNPO機関でインターンを行い、学んだ留学支援制度の知識を実践活動へと活かしていく。

3.留学の目的

留学の目的は大きく分けて3つある。1つめは留学先になることが多いであろう国々の文化や社会、そして国際関係を知ること。将来、留学支援に関わる者としてこのようなことを大学の講義や直接的な経験を通して知る必要があると考える。2つめは、様々な留学支援制度の形を知ること。大学に集まる優秀な留学生・カナダ人学生との交流を通して各国の留学支援の実態を知りたい。3つめは、実践活動を通してその得た知識が本当か自分の目で確認し、日本の留学支援に活かせる点を探ること。

ABOUTこの記事をかいた人

Sayuri Ishikawa

1994年、大阪府生まれ。 トビタテ留学JAPAN 世界トップレベル大学等コース2期生 大阪大学外国語学部3年 ランニング、読書、旅行が趣味。生まれも育ちも大阪で関西出身であることにプライドを持っているが、全く笑いに厳しくなくツボが浅すぎる。 2015年9月〜2016年4月までカナダのトロント大学にて交換留学。国際教育やキャリア教育といった分野に興味を持っている。