フィンランドからのトビタテ便り1〜もうひとつの最先端〜

dili-east-timor-1-300x225
AbstractionBlueBackgroundinHigh-Tech_S

本日の更新はフィンランドからのトビタテ便り1〜もうひとつの最先端〜です。コラムの最初の記事では「発展途上国」という言葉について丁寧に説明。もうひとつの最先端の意味とは? そして開発学と工学の融合とは?

トビタテ便りとは

トビタテ便りの詳細についてはこちらのページをご確認ください。世界中に留学しているトビタテ生から、週に1度1ヶ月の短期集中連載を行ってもらっています。ルールは2つ。「留学先の写真を載せてもらうこと」と「普通の友達には話せないような濃ゆい専門の話を思う存分ぶちまけてもらうこと」です。

5月のトビタテ便りは3人のトビタテ生に書いてもらっています。本日の便りは、フィンランドで開発と工学の紡ぐ新たな地米を目指している田岡祐樹さんです。

本文

こんにちは。

突然ですが、「最先端技術」と言われたら、どのような技術を思い浮かべるでしょうか。

今回の連載では、恐らく皆様が思い浮かべた最先端とは、一味違う適正技術と呼ばれる技術とその普及を4回にわけて紹介したいと思います。4回の連載は大きく以下に分かれています。

  1. 世界のこと:発展途上国について
  2. もうひとつの最先端技術:本当に必要とされているもの
  3. ラストマイル:必要な人に届けるには
  4. リバースイノベーション:発展途上国発の最先端
世界のこと:発展途上国について
1. 発展途上国?

技術の話に入る前に、一度、今の世界について考えてみたいと思います。今までの世界を認識する方法の一つとして、「先進国と発展途上国」という言葉があります。「先進国」の具体的なイメージは湧きやすいかもしれません。例えば、日本。この記事を読まれている多くの方の目の前に広がっている光景は、「先進国」と呼ばれる地域でしょうか。では、「発展途上国」はどうでしょうか。どういった光景が目に浮かぶでしょうか。サバンナの広大な大地に数百年前と同じように暮らす人々でしょうか。それとも、飢餓に苦しむ人々でしょうか。まずは、東ティモールの様子を紹介することで「発展途上国」についてイメージを持っていただければと思います。

1-1東ティモール民主共和国
map east timor

外務省東ティモール民主共和国基礎データ[1]より

1-1-1概要

東ティモール民主共和国は東南アジアに属する島国です。面積は約1万4900平方キロメートルで、東京、千葉、埼玉、神奈川の合計面積とほぼ同じ大きさになります。2013年のGDPは14.8億USD、石油天然ガスを含む場合は41.6億USDです。[1]

長く、ポルトガルによる植民地でしたが、独立の機運が高まり1975年に独立を宣言します。しかし、直後にインドネシアに侵攻され、第27番目の州として統合され支配されます。その後、2002年に国際法上はポルトガルから独立するものの、治安は安定せず、2008年に当時の大統領が銃撃されます。大統領が襲撃された後に、治安は回復に向かい今に至ります。[1]今は、現地の友人に「夜間の外出は危険だから、日が暮れるまでに帰って来い。」と言われるものの、日中はとても平和です。

国民の99.1%がキリスト教徒(大半がカトリック)で、イスラム教徒が0.79%です。また、現地の学生によると、ポルトガルがキリスト教を布教する前は、日本と同じように様々なもの(例えば、雨など)に神様がいたのだそうです。また、図5の様に、クリスマスが近づくと街の至るところに、手作りの飾りが置かれます。

dili east timor 1

このような手作りのかざりが街中にあふれます

 

1-1-2首都(ディリDili)の様子

独立してから間もない国であることから、首都には、国連や国際NGOなどの施設が多くあります。また、下図の様にショッピングモールもあります。2012年には街に信号がなかったのですが、2013年には信号が整備されていました。また、年々往来する車両の数が増えています。

east timor 2

その名もティモールプラザ

 

1-1-3地方の様子

首都から車で7時間程の山岳部にある街からさらに車で川を超え山道をのぼること40分徒歩で1時間程度歩いて到達した村の様子を紹介したいと思います。所謂ラストマイルとよばれる地域で、「文明」とはかけ離れたような村です。

east imor 3

「30分で着く」と言われ、気づけば1時間のハイキング

彼らの収入はコーヒー栽培に依存しています。コーヒーの価格は世界的に決まるので、ブラジル産のコーヒーが値下がりすると、東ティモール産のコーヒーの買取価格が下がるそうです。恐るべきグローバル経済。ちなみに、東ティモールのGDPも、石油天然ガスを除くと、コーヒーに依存しています。日本でもNGOが販売していますので、もし試してみたければ是非、検索してみてくださいね。

IMG_7155

画面中央やや左にある家のあたりまで、”コーヒー畑”だそう

(写真は別の村ですが)このような村では、写真のように、調理しています。手頃な大きさの石を3つ並べ、その上に鍋をおいて調理しています。なお、この釜戸ですが、大きく2つの問題を抱えています。調理の際に発生する煙が健康を害すること、エネルギー効率が非常に低いこと、です。この問題については第二回の連載で言及したいと思います。

IMG_3290

写真には全く写っていませんが、煙がモクモクしています。

また、いくつも太陽光パネルを設置した家がありました。パネルの大きさから察するに、携帯電話とLED照明を利用しているのだと思います。

east timor 4

伝統的な屋根とトタン屋根と太陽光パネル

 

1-1-4携帯電話の普及率から考える本当に必要なもの

『携帯電話を充電?』そう思われた方も多いのではないでしょうか。『そもそも圏外なのでは?』いいえ、そんなことはありません。2013年の携帯電話加入者は約64万です。[2]東ティモールの人口は117.8万人(2013年)なので、普及率は60%。人口の約42%は14歳以下[3]で携帯電話の普及率は低いと推測できます。一方で、回線が弱いため一人で複数の携帯電話を所持しています。家庭に一台あるというイメージですね。

発展途上国の人は貧しいから何も買えないというわけではないこと。また、「文明からかけ離れた村」でもモノは届くことを感じていただかと思います。[4]

1-2 世界の様子

それでは、一歩引いて世界のデータを見て行きたいと思います。世界のデータを考える上で、わかりやすい指標にミレニアム開発目標(以下MDGs)とそれに継ぐ目標である持続可能な開発目標(以下SDGs)というものがあります。MDGsは2000年に採択された2015年までの達成を目指す国際開発目標です。[5]要は、「こういう世界作りたいよね」という世界的な合意です。8つの大きな目標からなっています。ここでは画像で簡単に紹介するにとどめます。達成状況を外務省のウェブサイトから確認できます。

mdgs

画像は外務省ウェブサイト[5]からキャプチャ

お気づきかとは思いますが、2015年までの目標、そう今年です。今です。「これからの目標」がSDGsになります。まだ策定されていないのですが、現状で17の目標が設定されています。基本的にはMDGsの方針を踏襲しながら、持続可能な発展について全ての国を対象にした普遍的な目標になります。長いため引用しませんが、参考ウェブサイトからご覧いただけます。[6・7]

1-3 本当に必要なもの

では、上述の目標に対して、どうやって取り組んでいくのでしょうか。長くなってきましたが、最後にただモノを送るだけでは上手くいかないということを簡単に説明したいと思います。

保育器をご存知でしょうか?

未熟児で生まれた赤ちゃんを寝かせるケースです。このケースがあることで未熟児の赤ちゃんを救うことが出来ます。高価な機械なので、発展途上国の病院ではあまり普及していません。しかし一部では、先進国で使われていた中古の保育器や品の保育器が、発展途上国の病院に寄付されています。[8]

incubator

TED Talk Timothy Prestero: Design for people, not awards[8]よりキャプチャ

ところが、数年も経つと、「まだ使える」にも関わらず、病院で誇りをかぶっています。

incubator2

TED Talk Timothy Prestero: Design for people, not awards[8]よりキャプチャ

何故でしょうか。

最新の技術なのに…

理由は、寄付された保育器を使うことが出来る技術者がいなかったこと、修理をするための部品も技術も寄付された地域になかったことがあります。[8]では、どうすればいいのでしょうか。次回の連載で紐解いていきたいと思います。※ なお、保育器に関してはいくつか解決策が提案されています。[9-11]をご覧いただければと思います。

参考(visited 2015年4月22日)
[1]外務省 東ティモール民主共和国 基礎データ http://www.mofa.go.jp/mofaj/area/easttimor/
[
2]情報通信総合研究所 東ティモール:通信市場独占の崩壊http://www.icr.co.jp/newsletter/global_perspective/2013/Gpre201305.html
[3]Plan Japan東ティモール民主共和国http://www.plan-japan.org/country/cop_etim.html
[
4]See-D about us http://see-d.jp/about/
[5]外務省ミレニアム開発目標(MDGs),ポスト2015年開発アジェンダ http://www.mofa.go.jp/mofaj/gaiko/oda/doukou/mdgs.html
[6]Sustainable Development Knowledge Platform https://sustainabledevelopment.un.org/focussdgs.html
[7]IGES 持続可能な開発目標についてhttp://www.iges.or.jp/jp/sdgs/sdgs.html
[8]TED Talk Timothy Prestero: Design for people, not awards https://www.ted.com/talks/timothy_prestero_design_for_people_not_awards
[9]Design that matters http://www.designthatmatters.org/
[10]Embrace http://embraceglobal.org/
[11]MOM http://www.momincubators.com/

留学相談したい方は、留学codeからどうぞ