チューリヒからのトビタテ便り終幕 〜スイス建築解剖学〜

1 13.28.09
本日の連載はチューリヒからのトビタテ便り終幕 〜スイス建築解剖学〜です。一ヶ月に渡る「濃すぎて誰が読むのかわからない連載」第一弾の最終回。政治、観光、歴史、経済、そしてヒト。関係性から建築と街を見つめます。

トビタテ便りとは

トビタテ便りの詳細についてはこちらのページをご確認ください。世界中に留学しているトビタテ生から、週に1度1ヶ月の短期集中連載を行ってもらっています。ルールは2つ。「留学先の写真を載せてもらうこと」と「普通の友達には話せないような濃ゆい専門の話を思う存分ぶちまけてもらうこと」です。

4月のトビタテ便りは3人のトビタテ生に書いてもらっています。本日の便りは、チューリヒにいる鈴木隆平さんから。1ヶ月に渡る濃厚な連載も本日が最後になります。本気で語る「建築」をお楽しみください。

これまでの連載記事はこちら   

はじめに

こんばんは。東京工業大学大学院の鈴木隆平です。

ついに4回目の連載、再終幕となってしました。いつものように少しだけ前回の記事をおさらいしようと思ったのですが、今回の記事内で前回の記事のまとめをするのでここでは割愛します。

今回は今までとりあげたいくつかの関係性がそれぞれお互いにどのように連関しているか見て行こうと思います。“関係性の関係性”という少しややこしい話になるので図を使いながらすすめていきます。

0. 目次

1. 今までとりあげた関係性

2. 関係性の相関図

  2-1. 「建築ー街ー自然ー社会」の関係

  2-2. その他の関係性

3. 関係性の相関図から見えてくること

4. まとめ/連載を終えて

1. 今までとりあげた関係性

三回の連載でいくつかの関係性を紹介してきました。

それらを過去の記事を引用しながらおさらいしていきます。

街の自然の関係性(連載第一回)

  • チューリッヒの水辺には人びとがくつろぐために効果的にベンチや段差がしつらえてある。
  • 具体的には、ベンチによって水辺との距離感座る向き人の密度がうまくデザインされている。
  • 段差や高欄などベンチのように利用できるものも積極的に使われていてデザインの余地、可能性を感じる
  • 関係性をつくりだしているのはチューリッヒの地理的特性、国民性、都市計画
a. 段差・ベンチ・湖・山がレイヤー状に並ぶ

a. 段差・ベンチ・湖・山がレイヤー状に並ぶ

 

建築と街の関係性/街と社会・政治の関係性(連載第二回)

  • チューリッヒでは色彩建物高さなど街並を形成するものに対して市民の意思が強く反映されている。建築家にはクライアントだけでなく市民を納得させるだけのストーリーを構築する能力が求められる。
  • 市民の意思を反映させるべく、スイスは連邦制直接民主体制を採用しており、行政と市民の意思が相互に連関するような体制がとられている
  • 市民はそれぞれ“我々が住む街(国)はこうあるべきだ”という明確なビジョンを持っているため、州や自治体は市民の声を聞きながらそれぞれの地域の特性を生かしながら都市の変容に対応しなければならない
b. 高さ制限がかかったチューリヒ西部。景色を邪魔する建物が少ない。

b. 高さ制限がかかったチューリヒ西部。景色を邪魔する建物が少ない。

 

建築と自然環境の関係性/建築と街(街並)の関係連載第三回)

  • 寒さ対策という共通の目的を掲げることで、シャッター(鎧戸)・窓・暖房空調・窓台といった建築的要素が、相互に連関することで一つの窓まわりをつくりあげている。
  • 背景には冬の厳しい寒さ一年中安定した低い湿度が関係している
  • 自然環境に呼応してできた窓まわりが街並にも影響を及ぼしている
c. 光・熱・風・人の振る舞いが統合された窓辺

c. 光・熱・風・人の振る舞いが統合された窓辺

 

2. 関係性の相関図

2-1. 「建築ー街ー自然ー社会」の関係

前章では

  • 街の自然の関係性
  • 建築と街(街並)の関係性
  • 街と社会・政治の関係性
  • 建築と自然環境の関係性

についてまとめました。建築、街、自然、社会・政治が 連続的に繋がってきたのがわかるとおもいます。

簡単な図にしてみましょう。

関係性相関図1-02

d. 関係性の相関図1

 

「人」を囲むようにに各要素が並んでいます。またその要素同士の関係性も見えてきます。

しかし実際には街と建築にはヒエラルキーが存在しています。建築が集積することで街、街並ができているはずです。また建築や街、自然は法律や条例などによって統率がとられています。矢印ではなくベン図を使ってみます。

関係性相関図2-06

e. 関係性の相関図2

人ー建築ー街ー社会・政治のヒエラルキーが可視化されていますし、各要素の重なり合う部分で関係性が生まれていると言えます。実際、チューリッヒという都市の魅力はこの集合の重なりがたくさん生まれているところにあると考えられます。

東京はこの重なりが少ないがために、都市を構成する集合が独立・孤立していて関係性のデザインが乏しい、といえるのではないでしょうか。その引き換えに各集合が独自の発展をとげており、ヨーロッパの都市にはない混沌とした都市の様相を築き上げている、とも言えます。

f. 関係性の相関図3

 

g. 関係性の相関図4

2-2. その他の関係性

もちろん都市を構成する集合はこれらだけでありません。建築と接点があるものを他にあげてみます。

h. 関係性の相関図5

もうこうなってくるとわけが分からなくなりますが(笑)、丁寧に関係性を追っていくともっと複雑な図になるはずです。

すべての集合に重なるのが歴史・文化です。都市を構成する集合にはそれぞれが歴史を持ってます。そして「現在」という時間はつねに「過去」と「未来」と隣り合わせの関係です。建築設計、都市計画などのデザインはすべて過去から何を引き継ぎ(または引き継がず)、未来にどうバトンを渡すかということが大事になってきます。未来のことは誰にもわかりませんが、過去に起こったことは紛れもない事実として存在しています。後ろ向きで歩くように、前(=未来)に進むためにはうしろ(=過去)を確認しながら少しずつ足を動かすしかないのです。

リマト川、旧市街地、奥に見えるアドリスベルクAdlisberg)は

i. チューリッヒ東部の旧市街。少しずつ更新されて行く建物と変わることない川や教会、丘。

観光というも集合もあります。

湖や山の多いスイスではレイククルージングや登山列車が観光客に人気です。そこでは湖や山などの自然・人・客船や列車のプロダクトデザイン・経済などが観光というひとつの要素によって統合されているのがわかります。良好な関係性をつくるために、観光という要素は東京においても一つのきっかけになり得ると思います。

DSC_0289

j Interlakenの登山電車

観光や街の形成におおきく関わる公共交通も忘れてはなりません。公共交通の整備の仕方にはその国の政策方針や国民性などがおおきく反映されます。チューリッヒは都市部での自動車の交通量を減らすために道路を拡張するのではなくトラムやバスの本数を増やしました。またスイスには地下水などの資源が豊富に地中にあるため地下鉄はありません。駅舎には改札は無く、信用乗車方式をとることで駅構内と街が連続的に繋がっています。

 

3. 関係性の相関図から見えてくること

図fの東京の相関図のように集合の重なりの少なくても、ある集合を移動させる(もしくは拡張させる)ことができれば様々な集合との重なりをつくることができます。どんな集合と重ねることができるか、即ちどんな集合と関係性をつくることができるかの見通しを立てられれば建築デザイン、都市デザインの可能性はより広がります。

建築家は設計する空間を利用する人びとだけでなく、歴史・社会・自然・街並など見えないものであったり身体スケールを超えたものを常に考慮しなければいけないと言うことです。

4. 連載を終えて

全4回の連載を通してチューリッヒという都市を少しずつ解剖できたではないかと思います。チューリッヒの街に潜む関係性を発見するにはチューリッヒ以外の街、スイス以外の国を訪問するということがとても重要でした。チューリッヒという街を出ることではじめてチューリッヒを相対化できるからです。

私自身についてもそうです。今までは同じ大学の、同じ専攻の人たちと話してばかりで自分がどれだけ狭い世界にいるかということに気づけませんでした。チューリッヒへの留学を通して、自身の思考の幅や感受性がより広く、より敏感になっていると感じています。

留学が終わる間での四ヶ月余り、そして帰国してからも継続してアンテナを張り巡らせ、様々な領域(相関図で言えば様々な集合)に手を伸ばして設計・デザインの幅を広げていきたいです。

 

毎度拙い文章ではありましたがご高覧頂きありがとうございました

issuu: 作品集を掲載してます。こちらから。

 

留学相談したい方は、留学codeからどうぞ