ミャンマーで病に苦しむ2000人の入院患者さんに「最高の笑顔」を!~入院ベッドを希望の工房・教室に!~

プレゼンテーション1

本日の更新はトビタテ外活動! ミャンマーの入院患者さんの生活の質の向上にトビタテ!生が取り組んでいます。現在、クラウドファンディングにも挑戦しているようなので、是非シェア拡散等で応援よろしくお願いします!

皆様のシェアでミャンマーの入院患者さんに笑顔を!

トビタテ!留学JAPAN第一期生の山口諒真です。

私はミャンマーでのインターン中にミャンマーの入院事情の課題を発見しました。

その課題を解決するために現在クラウドファンディングに挑戦しています。

現在、1,447,000円の温かいご支援が集まっていますが、プロジェクトの成立に僅かに不足しております。

さらに残り時間が9時間しかありません。

プロジェクト成立のため、何卒ご支援・ご協力宜しくお願い致します。

プロジェクト詳細はコチラ

*シェア拡散大歓迎です*

はじめに

「明日からの生活がとても不安です」

現在、急速な経済発展を迎えているミャンマー。
しかし、その発展の裏で、多くの貧しい人々が取り残されています。
特に深刻な問題は病院や医療制度の不足。
将来に希望を持てず、不安を堪えながら入院している患者やその家族たちは、どんどん笑顔を奪われていきます。

「彼らに最高の笑顔を!」

このような入院中の課題を解決するために、『医療の届かないところに医療を届ける』国際医療NPO法人ジャパンハートと、『最高の授業を世界の果てまで届ける』国際教育NPO法人e-Educationが協働して、年間2,000人の入院患者さんに最高の笑顔を届けます!

2,000人の入院患者さんに最高の笑顔を届けるために、皆さまのお力を貸して下さい!

 

「ワッチェ慈善病院」の課題

皆さんは、ミャンマーの医療課題をどこまでご存知でしょうか?

まず、日本では当たり前の医療保険制度がミャンマーにはありません。
保険制度がないため、病院にかかるには高額な手術費や入院費が必要となります。
血液検査のみで、1ヶ月分の給与が全てなくなるということも珍しくありません。
そのため、治療を必要としていても、お金がないから病院に行けないのです。
そのような患者さんに医療を届けるために、NPO法人ジャパンハートは「ワッチェ慈善病院」において無償で医療活動をおこなっています。

image

【ワッチェ慈善病院】
日本の質の高い医療を受けられるという口コミが広がり、現在ではミャンマー全土から年間、外来患者さん12,000人、手術入院患者さんが2,000人集まっています。

しかし、問題はまだ山済みであり、私たちはジャパンハートの病院で実際に活動し、入院患者さんと触れ合う中でミャンマーの医療事情における大きな2つの課題を発見しました。
1. ベッドで寝たきりの生活が続き、患者のみならずその家族からも笑顔が消えていく。
2. 保健の知識不足によるHIVや肝炎などの感染症の蔓延。
今回はこの2つの入院中の課題を解決するために、私たちジャパンハートとe-Educationは力を合わせて、①アクセサリー作り、②IT教育、③保健教育という3つの切り口から、入院患者さんやその家族の皆さんに最高の笑顔を届けます!

image

【ミャンマーの病院の課題】

image

【ミャンマーの病院の課題・解決方法】

皆さんの力で、ミャンマーの病院に「最高の笑顔」を!

私たちは「ワッチェ慈善病院」の入院患者の笑顔を取り戻すために、以下3つの取り組みを行っていきます。

①アクセサリー作りで、楽しい時間を過ごし、入院費の負担軽減をおこなう。

②ITを0から学べるDVDコンテンツで将来の選択肢を増やす。

③保健教育DVDを作成し、HIVや肝炎、違法ドラッグの危険性を伝える。

これら3つの取り組みを実現するには、皆さんの力が必要です。
年間2,000人の入院患者さんを「最高の笑顔」にするために、どうか皆さまのお力を貸して下さい!

10405575_675410642588222_4306643036238726623_n

 

ご協力よろしくお願いいたします!

プロジェクトの詳細・ご支援はこちらからご覧いただけます。

留学相談したい方は、Diverseasからどうぞ

ABOUTこの記事をかいた人

トビタテ!留学JAPAN1期生としてミャンマーで修行、現在はMAKERS UNIVERSITYで『1人でも多くの人がハタラクことを通じて幸せになれる社会』を創造しています!ワクワクの実の能力者。