インドの村の子どもたちに日本の文房具を届けよう!プロジェクト

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

本日の更新はインドの村の子どもたちに日本の文房具を届けよう!プロジェクトについて。トビタテ生である森泉咲さんが行ったプロジェクトを紹介します。

by Mori MISAKI

私がインドで約2か月間インターンをさせていただいた地元のNGO、End Povertyで自ら考案したプロジェクトを今回はご紹介したいと思います\(^o^)/

End Povertyとは?

インドにおける貧困の撲滅を目標に2009年から活動しているインドはグルガオンにあるNGO団体です。Rajasthan州にあるTijara(いくつかの村が集まった地域)の生活水準の向上に向け、教育生計村の発展の3つのミッションを軸に活動しています。支援対象者はTijara内の女性と子どもたちです。

プロジェクト発案に至った経緯

私はインドで(ホームステイや買い物、旅行など)とにかく積極的に人と関わるようにしました。その中で見えてきたのが、日本製製品に対する信頼度の高さ。そしてローカルな地域にいる子どもたちがボールペンをねだってくること。その2点でした。地域によって同じ国とは思えないほどさまざまな顔をもつインドがこの2点だけは同じでした!
そして日本ではというと、(特に関西で?)「勿体無い!」という言葉が浸透してきてはいるものの、まだまだ使えるのに流行りでない。など理由をつけてまだ使えるはずの文房具を処分しているのではないか!?と考えました。
そこで!大手前大学(私の所属大学内)で学生や教職員が使わず彼らの家で眠っているはずの文房具をインドの子どもたちに届けてはどうか。と考え付いたのです(^^)v。文房具を送るための送料・手数料も同時進行で集める事にしました!

プロジェクトの実施と成果

募集期間:平成26年12月15日~25日
平成27年1月5日~9日
(計16日間)

募集場所:大手前大学各キャンパス 国際交流センター
たくさんの人の協力があり、なんと!!!25.5kgの文房具25,200円の送料・手数料を集める事ができました(^○^)
文房具内訳:鉛筆 515本 鉛筆削り 3個
シャープペンシル 127本 シャープペンシルの芯 15ケース
色鉛筆 150本 クレヨン 199本 絵具 12本
ボールペン 343本 ボールペンの芯 1ケース ペン 348本
消しゴム 69個 定規 33本 三角定規 9個 分度器 3個
コンパス 3ケース ノート 9冊 下じき 22枚
クリップ 6個 スタンプ 1個 キーホルダー 1個
文房具セット 2セット
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

今後の課題

大学内だけの活動には限界がある
他大学や関西以外の地域でもぜひ行いたい\(^o^)/
毎回募金で資金集めをするには限界がある気がする…

まだまだ未熟なプロジェクトですが、これからも末永く続けていけるプロジェクトにしてきたいと思っています(^^)v
なので皆さんの知恵を貸してくださーい!!
宜しくお願いします<(_ _)>

留学相談したい方は、留学codeからどうぞ