噂のヤドカリプロジェクト ~はじめに~

11056825_448925371931804_1063273659_n-300x258

本日の更新は、ヤドカリプロジェクトの紹介記事です。ヤドカリとは、トビタテ生のコミュニティを留学中も可能なものにするため、宿を貸借りして交流するトビコミュ活動の一つです。

11056825_448925371931804_1063273659_n

by 土屋みなみ

ヤドカリプロジェクトとは、
「トビタテ!生の間で”宿”を貸し”借り”する」
その名の通りのシンプルな企画です。

ルールは2つ。
a) 泊まりに行く人はお土産を持っていくこと
b) お土産を手にしている、宿主と宿借り者のニッコリ写真をフェイスブック内のグループやトビタテ!生用コミュニティサイト「とびこみゅ」にUPすること

世界中にトビタった仲間たちと海外で再会出来るこのプロジェクトはリピーターが増えるほどの人気ぶりで、発足から半年以上経った今もなおユーザーを魅了し続けています。

今ではgoogle mapと対応させたヤドカリmapやトビタテ!生以外にも利用できるYadokaly、トビタテ!生用PR動画等の
関連企画まで立ち上がっているほどです。

私の場合、3月いっぱいまでで
ヤドの貸し借りが延べ8回になるのですが

振り返ってみるとこのプロジェクトは、
宿のみならず知の共有も可能にする企画だと実感しています。

これまでに会った仲間たちは
イタリア、オランダ、プラハ、ロシア、デンマーク、フランス、フィンランドにて
生命化学、バイオ工学、教育、メディア、社会福祉、労働法、政治哲学、生涯教育を専攻としています。

自分が知らない世界を学ぶみんなの話を聞くことで知的好奇心が刺激され、勉強したい気持ちが益々強くなりました。

それから、
ー事前研修が一緒だったけれど、お互いのことを知っているようで知らない
ー実は海外で初めて会った

そんな状況が珍しくないのに、
悩みの共有や
母語話者でしか出来ないような議論ができてしまいます。

更に、
おもてなしをすることの楽しさを学び
一緒に旅行することで充実感が2倍になり、
一緒にご飯を食べることで美味しさが2乗になる…
そんな素晴らしさも体感しています。

ヤドカリプロジェクトは、
留学経験を最大化する絶好の機会を提供してくれているといえるでしょう。

現役トビタテ!生にも
未来のトビタテ!生にも
このプロジェクトの魅力を知っていただけたら嬉しいです。

留学相談したい方は、留学codeからどうぞ